Google Analytics(アナリティクス)で、クローラーからのトラフィックを除外する方法

クローラーからのトラフィックを除外する方法

前回の記事(BloggerにAnalyticsを設置して、ブログのアクセス解析をしよう)で設置したGoogle Analytics(アナリティクス)で、正確な数字を得るためにしておきたい設定をご紹介。

Analyticsの集計データの中には、ボットネットや検索クローラーのトラフィック(人以外の訪問)まで含まれてしまっています。
たいした数ではないのでは・・?と思うかもしれませんが、ボットネットにより偽のトラフィックを作り出すことは世界的にビッグビジネスになっており、問題視されるほど。

何にしても、データは正しいに越したことはないので、ボットネット、クローラーからのトラフィックを除外する設定をしてみましょう。

スポンサーリンク

Google Analytics(アナリティスク)で、クローラーからのトラフィックを除外する方法

「アナリティクス設定」をクリック

Google Analyticsホーム画面上の、「アナリティクス設定」をクリックします。

「アナリティクス設定」をクリック

「アカウント」と「プロパティ」を選択

ドロップダウンメニューの中から、設定したいサイトの「アカウント」と「プロパティ」を選択します。

「アカウント」と「プロパティ」を選択

「ビュー設定」をクリック

画面左、「ビュー設定」をクリックします。

「ビュー設定」をクリック

「既知のボットやスパイダーからのヒットをすべて除外します」にチェック

ボットのフィルタリング、「既知のボットやスパイダーからのヒットをすべて除外します」にチェックを付けます。

既知のボットやスパイダーからのヒットをすべて除外

「保存」をクリックして完了です。

「保存」をクリック

おつかれさまでした!

【おすすめ】ブログに関する記事はこちら

検索結果がおかしい!googleによるタイトル書き換えを防ぐには
【2015.10.28追記】こちらの記事は、以前のブログ(URL)で公開していたものです。 こ...
Bloggerのバックアップをしよう!テンプレート、ブログ記事をダウンロードする方法
せっかく書いた記事が全部消えてしまった!カスタムしたブログデザインが、なぜか初期化されてしまった...
ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています

ランキングに参加中。ポチしていただけると順位があがり、励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA