レタス保存!爪楊枝をさすだけでシャキシャキが長持ちするらしい

レタス

特売の日にまとめて買っても、生で食べたいレタスは冷凍保存ができません。レタスはシャキシャキしてなきゃ美味しくない。ということで、以前、どこかで聞いた気がする爪楊枝をレタスにさすだけで長持ちするという技を試してみました。

スポンサーリンク

用意するのは、レタスと爪楊枝だけ

レタス1つに対して、爪楊枝3本が目安。小さめレタスの場合は、爪楊枝2本でも大丈夫です。

レタスに爪楊枝をさします

爪楊枝をさす

レタスをひっくり返して、芯の部分に爪楊枝をさします。(なんか、レタスに申し訳ないビジュアル)爪楊枝が飛び出ていると危ないので、スプーンの腹を使って奥までグイッと差し込んでください。

比較したいのでレタスは2つ用意し、一方はそのまま。両方ともビニール袋へ入れて冷蔵庫で保存します。

さて、10日後の状態は?

3日後のレタス

画像だと少し分かりにくいかもしれませんが、爪楊枝をさしたレタス(左)は、傷みやすい外側の葉もまだシャキッとしています。重力にも負けていない!(矢印の部分)

 

一方、爪楊枝をさしていない方(右)は、外側の葉がクタっとしてきています。これ以上、ほうって置くと美味しくなくなりそうなので、こちらのレタスは食べてしまいます。

途中経過:20日目

20日後のレタス

正直、そろそろ食べてしまいたい20日目。爪楊枝レタスはというと全然、シャキシャキ!外側の葉のハリも健在です。芯の部分が変色してきているものの、まだまだいけそう。

爪楊枝レタスは、いつまでシャキシャキだったのか

1ヶ月後のレタス

このレタスを購入したのは、6月30日。で、本日、8月4日、35日後のレタスです。まだ、シャキシャキしている。すごい、すごいよ爪楊枝!少し、外側の葉の色が悪くなってきているような気がするので、1か月が限界かも。

関連記事:【一人暮らしの生活費】2015年6月の家計簿を公開します

爪楊枝レタス、もっと早くやるべきだった。調べてみると、結構、やっている人がいました。しかも、キャベツやサニーレタスでも有効らしいです。

これを期に爪楊枝を購入すると決めました。一人暮らしだと使わないですからね。爪楊枝レタスを試すために、割り箸についている爪楊枝をかき集めたのは内緒です。(ケチ)ではー。

【おすすめ】料理に関する記事はこちら

【時短】たった5分!冷凍肉を早く自然解凍する方法|得する人損する人
あのニュースで得する人損する人で、冷凍したお肉をたった5分で自然解凍する方法を紹介していたのでやって...
鶏むね肉を柔らかく!重曹を使えば、しっとり、ジューシーに!
梅雨が明け、「暑いー!溶けそうー。」が最近の口癖です。実家に戻ったときに、母が「暑いー!腐りそうー!...
ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています

ランキングに参加中。ポチしていただけると順位があがり、励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA