【名古屋グルメ】地元民が愛しすぎて進化したメニュー|マツコ・有吉の怒り新党

マツコ・有吉の怒り新党の夏目ちゃん、卒業してしまいましたね。さみしいです。

さて、「新・3大○○調査会」で、地元民が愛しすぎて進化した名古屋めしというのを紹介していました。

名古屋には、昔から独特の食文化がありましたが、「名古屋めし」という言葉が一般的に広まったのは、じつは最近。2005年、愛知で開催された愛知万博がきっかけだそう。

今、もの作りが盛んな名古屋は、グルメに関しても新しいものを生み出そうとする思考が強く、伝統的な名古屋めしをさらにバージョンアップさせた新たなグルメが続々、誕生しています。

新・3大!地元民が愛しすぎて進化した名古屋めし

朝日屋 うどん店(あさひやうどんてん)

焼き太きしめん 720円

朝日屋きしめん

参考:http://tabelog.com/aichi/A2301/A230113/23015903/

名古屋駅から徒歩7分。創業昭和9年の朝日屋は、50代のご夫婦と、旦那様のお母さんの3人で経営されています。地元民だけではなく、圏外からもお客さんがくるきしめんの名店。

名古屋めしは歴史あるものも多く、中でもきしめんは江戸時代から食べられているとう説も。朝日屋のきしめんは、従来のきしめんのイメージと、真逆と言っていい斬新に進化したきしめんです。

名古屋めしライターの永谷正樹さんは、「まずね、ビジュアルにやられますね。もういかにも、うまそう!箸をつけると止まらなくなるくらい、従来のきしめんとは全く違うもの」と紹介。

進化メニューの焼き太きしめんは、お客様からの要望から生まれたそうです。7年前にお店に出したところ、一躍、評判を呼び、今ではこれを目当てにくるお客さんもいるといいます。

その味付けのポイントは、焼き肉のタレ。通常のきしめんより、さらに幅の広い麺を使用し、2種類の醤油、にんにく唐辛子などで作った自家製の焼き肉タレを使って、甘辛い味をしっかり太麺に焼き付けたら、従来のきしめんのイメージを覆すジューシーな一品。

麺の下に、薄い卵が敷いてあるところが、名古屋っぽいですね。

他にも、ムロアジの出汁がきいた旨味たっぷりのつゆと、コシのあるモチモチの幅広麺の、かけきしめん(430円)も人気。

店舗情報

食べログ http://tabelog.com/
住所 愛知県名古屋市中村区則武1-18-16
営業時間 11:00〜16:00 17:00〜21:00

とんかつキッチン カナン

味噌フレンチとんかつ定食 1,004円

とんかつキッチン カナン

参考:http://tabelog.com/aichi/A2301/A230112/23001141/

とんかつのサクサク感を、あえてフワフワにすることに挑んだ、新しい食感を生み出した発想豊かなメニュー。

味噌カツというのは。赤味噌に砂糖などを加えた甘ダレをとんかつと組み合わせた、名古屋のご当地グルメ。この味噌ダレは、どて煮や味噌おでん、様々な名古屋めしに使われており、名古屋の人が愛してやまない味です。

名古屋駅から車で30分、緑区にある、若者から家族連れまで地元の人に愛されるトンカツの名店。

名古屋めしライターの永谷正樹さんは、「味噌とカツの一体感を強めた、新しいタイプの味噌カツ。一手間加えているので、従来のカツよりボリュームがでます。ガッツリ食べたい人におすすめ、ごはんに、めちゃくちゃ合う」と紹介。

この味噌フレンチとんかつを考えたのは、先代のご主人。奥さんに、フレンチトーストを味噌カツに取り込んだらどうだろうと言われたことをきっかけに思いついたのだとか。

とんかつの表面が、フレンチトーストのように卵で覆われた、従来の味噌カツに、卵でまろやかさを加えた新感覚の味噌カツ。

普通はパン粉をつけた後、油であげるのですが、パン粉をつけたら卵液につけ、フライパンで焼いて作っています。卵が入っているので、味噌がよりマイルドに。

他にも、定番の味噌カツ(702円)も人気。

店舗情報

ホームページ http://www.kanan.org/
食べログ http://tabelog.com/

喫茶 神戸館

鉄板小倉トースト 650円

喫茶神戸館 小倉トースト

参考:http://tabelog.com/aichi/A2301/A230102/23041069/

普通の小倉トーストとが、名古屋人好みのゴージャス感溢れるメニューに変身。香ばしく焼いたごまトーストに、小倉とバニラアイスがのっています。

鉄板小倉トーストについてくるのが、お店で自家焙煎したコクが深く濃いめのコーヒーで作られた、こだわりのコーヒーシロップ。これを、かけるとクリーミーなバニラアイスとほろ苦いコーヒーが小倉トーストしみ込み、従来の小倉トーストとは、一線を画す夢のようなメニュー。

名古屋めしライターの永谷正樹さんは、「小倉トーストは、バターの塩気と小倉の甘さがすべてなんですよね。ところが、新家系の小倉トーストは、ひと味どころかふた味み味、複雑な旨味が楽しめます。名古屋城の金のシャチホコを思わせるようなゴージャス感が魅力」と紹介。

このメニューは、社長の「鉄板で小倉トーストができないか」という無茶ぶりから、4ヶ月間、試作をくりかえして生まれたのだとか。

他にも、小倉トースト(400円)も人気です。

店舗情報

ホームページ http://www.b-bitou.com/
食べログ http://tabelog.com/aichi/A2301/A230102/23041069/

information

マツコ・有吉の怒り新党

マツコ・有吉の怒り新党

参考:http://www.tv-asahi.co.jp/ikari/

番組名 マツコ・有吉の怒り新党
放送日 2016年3月9日放送
詳細 「新・3大○○調査会」新・3大!地元民が愛しすぎて進化した名古屋めし

名古屋めしライター兼カメラマン 永谷正樹さん

名古屋めしライター兼カメラマン 永谷正樹さん

参考:http://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/reporter

名古屋めしライター兼カメラマン。名古屋グルメ取材歴23年。

食を楽しみたい人のwebマガジンメシ通で、名古屋めしを紹介しています。

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています

ランキングに参加中。ポチしていただけると順位があがり、励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA