猫と美味しいそば。乃木そば神谷に行ってきました(浜松市引佐町)

浜松(静岡県)に帰省したときに、かわいい看板ねこがいる手打ちそばの店を見つけました。

スポンサーリンク

猫と美味しいそば。乃木そば神谷に行ってきました

方広寺 黒門前にある乃木そば神谷

乃木そば神谷

画像は、乃木そば神谷ブログよりお借りしました

場所は、引佐町奥山。方広寺の黒門前にあります。

近くには、竜ヶ岩洞という鍾乳洞や奥山高原がある緑豊かなところ。

創業は明治。乃木将軍とのエピソードが店名の由来

創業は明治16年。

明治43年の秋頃、乃木希典(のぎまれすけ)将軍が来店。そばを食べ終えた乃木将軍が「美味しかった」と1円(当時、そばの販売価格1杯18銭)を置いて帰ったそうです。

このエピソードを聞いた方広寺管長、足利紫山(あしかがしざん)老師が、「乃木将軍が褒めてくださった蕎麦を後世にも伝えたい」という想いをこめて「乃木そば神谷」と命名したのだとか。

車は、方広寺の駐車スペースに停めることができます

奥山方広寺

駐車場が見当たらなかったため、車から降りてお店の方へ聞きにいったところ、方広寺の黒門を抜けた先の駐車スペースに停めて大丈夫と案内をしていただきました。

黒門の先は、砂利敷きの駐車スペースがあり、7〜8台くらい停めることができそうです。

猫がいます(最高♡)

黒と白のハチワレ模様のにゃんこ

猫

注文を終え、そばを待っていると、どこから来たのか猫が歩いてきました。

のんびり歩いてきて、わたしたちが座っていた席の真横で床にごろり。不意に、足下に猫という素敵な空間が出来上がりました。

これは、触ってもいいということですか?

ということで、お店の方に聞いてみると「触っても抱っこしても、怒らないので大丈夫ですよ」と言っていただけたので、お言葉に甘えて触らせていただきました。

猫

一緒に行った母は、抱っこして御満悦。

この子は、どこででも寝てしまうので、店前の道路の真ん中で寝てしまい車が通れなくなっていたこともあったのだとか。少しぽっちゃりしているのは、去勢手術後、ホルモンバランスが乱れてしまったからだと教えていただきました。

茶色のふわふわ毛の子もいるらしい

わたしたちは会えなかったのですが、お店の方によるともう1匹、茶色のふわふわ毛の子もいるそう。

猫たちは、店の周りで自由にしているので会えたり会えなかったりします。

とろろそばをいただきました

毎朝、その日の分だけ手打ち。地物もいただける

とろろそば

とろろそばをいただきました。薬味はネギ、生姜、わさび。子持ち昆布と金山寺味噌の小皿が添えられています。

ホームページによると、そばは、毎朝、その日の分だけ手打ちしているとのこと。少し太めの麺で、柔らかめの食感なのかと思いきや、しっかりとコシもありました。香りもいいし、クセになる。

とろろは地元のものを使用しているようで、モチモチと弾力があり粘りが強い。濃くて自然の香りがしました。美味しい。

みそおでんが人気

口コミを見ていると、みそおでんが人気だそう。次回、食べよう。

さいごに

お店の方や店内の雰囲気もよくて、気持ちのよい食事ができました。

浜松に帰ると母と一緒に食事に行くのですが、母が「また、行きたい」と言ったのはここが初めて。母は、そばも猫も好きなので、とても楽しい時間が過ごせたのだと思います。

また、行きます。ごちそうさまでした。

▼ 猫グッズいろいろ。

乃木そば神谷について

住所 静岡県浜松市北区引佐町奥山1576-3-1
食べログ http://tabelog.com/
ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています

ランキングに参加中。ポチしていただけると順位があがり、励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA